一船買い産地加工だから可能になる
スピード配送

島谷水産は、鮮魚はもちろん業務用加工品さえも、新鮮さを保ったままでお客様のもとへお届けするということを第一義として取り組んでいます。
一船買い産地加工というプロセスがそれを可能にします。
「新鮮さを失ったらすべてを失う」というポリシーが、島谷を支えています。

島谷水産 店舗情報

店舗販売について詳しく

取扱い商品

島谷水産がお届けするのは、鮮魚業務用加工品です。境港の漁港に水揚げされた魚を、一船買いで買い付けて、それを漁港近くの自社セレクター工場で選別。加工までの作業を一気に進める体制を整えています。本当の新鮮さをお届けできる秘訣はここにあります。

幅広い販売窓口

島谷水産がお取引しているお客様は様々です。大手スーパーや外食チェーンから、一般飲食店や小売店といった小口のお取引まで幅広く対応させていただいております。もちろん、地元の鳥取近県の小売店舗での鮮魚の店頭販売も大人気です。

幅広い販売窓口について

今月境港で水揚げされる魚

隠岐島周辺をはじめとして、広い大陸棚に恵まれた近海には豊富な魚種が集まることから、境港の漁法は長い時間をかけ発達してきました。一年中を通して多品種、大量の水揚げを誇る境港の漁獲量は常に全国五指に入っており、魚種の多様さでは境港と長崎が双璧とまで言われています。また、意外と知られていませんが、境港は過去に数回、生マグロの漁獲量で日本一になっています。この豊富な魚種を、新鮮なまま皆様のお手元にお届けしてまいります。

  • サザエ サザエ
  • カワハギ カワハギ
  • スルメイカ スルメイカ
  • アナゴ アナゴ

10月に境港で水揚げされる魚

メダイ、カワハギ、スルメイカに加えて、アワビやサザエも美味しくなります。底曵きにはアナゴもかかります。

境港で採れる魚について

水産基地境港

境港は、単なる漁港ではなく、日本海側の水産物を全て集約する「水産基地」です。
漁港として栄えた境港は、戦後飛躍的に発展しました。しかし、その発展の過程には他の漁港には見られない独自性があります。
一船買いや即日出荷の体制を整え、仲買がその大きな役割を果たしている「水産基地」としての境港のノウハウは、すべてその歴史の中で培われてきました。

水産基地境港について

最新情報

お知らせ

鍋シーズン到来

先週までは冷房が欲しい日もあったのですが急に晩秋になったような気温。 東京のコンビニの「おでん」が売り切れたという話も聞きます。 天候不順が続きほぼ1週間、巻き網船操業せずでアジ・サバは不漁ですが底引き船は順調。 タラ・カワハギ・アンコウ・等々鍋の具材は豊富です。

お知らせ

秋漁本番10月です

10月となりました。「女心と秋の空」とはよく言ったもので、巻き網関係の水揚げは一定せず。主役が小羽イワシ・アジ・サバと日替わり状態。このまま秋台風さえなければ総水揚量としては昨年の1.5倍増しとなりそうです。 来月の松葉かに解禁までは、ハタハタ・赤がれい等底引き魚も種類は潤沢。徐々に鍋が恋しくなる季節。 秋漁本番です。

お知らせ

秋の台風シーズン

今年は比較的天候にも恵まれ良い感じだったのですが、今月に入って台風18号が日本縦断。9月の連休前後は時化続きで散々です。台風一過の青空も一瞬で次の連休に向けても様子がおかしい。時化の合間を縫って魚の仕入れに奮闘中です。現在の境港カタクチ・マイワシは水揚げありますが残念ながら小さすぎて煮干し原料にはなっても鮮魚には不向き。今しばらくお待ちください。

最新情報一覧

企業情報

島谷水産は、栄枯盛衰を繰り返すこの水産業界において、境港水揚げされる魚介類の加工・出荷までの工程を「川上から川下まで」一貫して担い、また「鮮魚から加工製品まで」流通、販売することを心がけ、全国の中央市場への鮮魚出荷。百貨店、量販店、外食産業への鮮魚産直業務。地元、山陰地域でのテナント鮮魚店舗展開。

企業情報を詳しく見る