一船買い産地加工だから可能になる
スピード配送

島谷水産は、鮮魚はもちろん業務用加工品さえも、新鮮さを保ったままでお客様のもとへお届けするということを第一義として取り組んでいます。
一船買い産地加工というプロセスがそれを可能にします。
「新鮮さを失ったらすべてを失う」というポリシーが、島谷を支えています。

島谷水産 店舗情報

店舗販売について詳しく

取扱い商品

島谷水産がお届けするのは、鮮魚業務用加工品です。境港の漁港に水揚げされた魚を、一船買いで買い付けて、それを漁港近くの自社セレクター工場で選別。加工までの作業を一気に進める体制を整えています。本当の新鮮さをお届けできる秘訣はここにあります。

幅広い販売窓口

島谷水産がお取引しているお客様は様々です。大手スーパーや外食チェーンから、一般飲食店や小売店といった小口のお取引まで幅広く対応させていただいております。もちろん、地元の鳥取近県の小売店舗での鮮魚の店頭販売も大人気です。

幅広い販売窓口について

今月境港で水揚げされる魚

隠岐島周辺をはじめとして、広い大陸棚に恵まれた近海には豊富な魚種が集まることから、境港の漁法は長い時間をかけ発達してきました。一年中を通して多品種、大量の水揚げを誇る境港の漁獲量は常に全国五指に入っており、魚種の多様さでは境港と長崎が双璧とまで言われています。また、意外と知られていませんが、境港は過去に数回、生マグロの漁獲量で日本一になっています。この豊富な魚種を、新鮮なまま皆様のお手元にお届けしてまいります。

  • レンコダイ レンコダイ
  • カワハギ カワハギ
  • チコダイ チコダイ
  • 紅イカ 紅イカ

9月に境港で水揚げされる魚

サワラ、スズキ、アジ、サバ、カマスなどの他、白ハタ、赤エビも美味しい時期となります。

境港で採れる魚について

水産基地境港

境港は、単なる漁港ではなく、日本海側の水産物を全て集約する「水産基地」です。
漁港として栄えた境港は、戦後飛躍的に発展しました。しかし、その発展の過程には他の漁港には見られない独自性があります。
一船買いや即日出荷の体制を整え、仲買がその大きな役割を果たしている「水産基地」としての境港のノウハウは、すべてその歴史の中で培われてきました。

水産基地境港について

最新情報

お知らせ

水産祭り延期

また台風到来。今度のコースは当地にも直接の影響がでそうです。7日(日曜日)開催予定の境港水産祭りもはやばやと21日(日曜日)に延期決定。台風上陸の多い年は11月からの盛漁期には海が凪ぐとも言われます。「禍福は糾える縄の如し」。 ともかく被害の出ないことを祈るばかりです。

お知らせ

10月秋本番

10月。秋本番ですが台風で幕開け。今月7日は恒例の「境港水産祭り」開催の予定です。天候にさえ恵まれれば小羽イワシの豊漁。現在は煮干しの原料に丁度よい大きさで鮮魚にするにはもう一つ小さいのですが、これを餌とするサバ・ハマチ・サワラ等の魚種が増えていきます。秋漁の始まりです。

お知らせ

9月になれば

極暑と台風で8月が終わり。秋の味覚の出始め9月です。月初めからまた台風到来ですが今年はサンマも豊漁との知らせ。境港も紅ズワイガニの解禁。底引き漁も再開となります。巻き網は未だ夏枯れ状態が続いていますが今年はサバの豊漁に期待。 「9月になればーーー」どこかで聞いたフレーズですが「暑い(長い)夏(夏枯れ)を乗り越えた先には良いこと(豊漁)がある」 味覚の秋の始まりです。

最新情報一覧

企業情報

島谷水産は、栄枯盛衰を繰り返すこの水産業界において、境港水揚げされる魚介類の加工・出荷までの工程を「川上から川下まで」一貫して担い、また「鮮魚から加工製品まで」流通、販売することを心がけ、全国の中央市場への鮮魚出荷。百貨店、量販店、外食産業への鮮魚産直業務。地元、山陰地域でのテナント鮮魚店舗展開。

企業情報を詳しく見る