一船買い産地加工だから可能になる
スピード配送

島谷水産は、鮮魚はもちろん業務用加工品さえも、新鮮さを保ったままでお客様のもとへお届けするということを第一義として取り組んでいます。
一船買い産地加工というプロセスがそれを可能にします。
「新鮮さを失ったらすべてを失う」というポリシーが、島谷を支えています。

島谷水産 店舗情報

店舗販売について詳しく

取扱い商品

島谷水産がお届けするのは、鮮魚業務用加工品です。境港の漁港に水揚げされた魚を、一船買いで買い付けて、それを漁港近くの自社セレクター工場で選別。加工までの作業を一気に進める体制を整えています。本当の新鮮さをお届けできる秘訣はここにあります。

幅広い販売窓口

島谷水産がお取引しているお客様は様々です。大手スーパーや外食チェーンから、一般飲食店や小売店といった小口のお取引まで幅広く対応させていただいております。もちろん、地元の鳥取近県の小売店舗での鮮魚の店頭販売も大人気です。

幅広い販売窓口について

今月境港で水揚げされる魚

隠岐島周辺をはじめとして、広い大陸棚に恵まれた近海には豊富な魚種が集まることから、境港の漁法は長い時間をかけ発達してきました。一年中を通して多品種、大量の水揚げを誇る境港の漁獲量は常に全国五指に入っており、魚種の多様さでは境港と長崎が双璧とまで言われています。また、意外と知られていませんが、境港は過去に数回、生マグロの漁獲量で日本一になっています。この豊富な魚種を、新鮮なまま皆様のお手元にお届けしてまいります。

  • レンコダイ レンコダイ
  • カワハギ カワハギ
  • チコダイ チコダイ
  • 紅イカ 紅イカ

9月に境港で水揚げされる魚

サワラ、スズキ、アジ、サバ、カマスなどの他、白ハタ、赤エビも美味しい時期となります。

境港で採れる魚について

水産基地境港

境港は、単なる漁港ではなく、日本海側の水産物を全て集約する「水産基地」です。
漁港として栄えた境港は、戦後飛躍的に発展しました。しかし、その発展の過程には他の漁港には見られない独自性があります。
一船買いや即日出荷の体制を整え、仲買がその大きな役割を果たしている「水産基地」としての境港のノウハウは、すべてその歴史の中で培われてきました。

水産基地境港について

最新情報

お知らせ

神在月となりました

緊急事態宣言が解除され、政界も刷新され何か新しい事が始まる予感。港もこの数日ブリ・ハマチの豊漁でにぎわっています。 弊社の小売店舗も米子北店・境港店で特上握り寿司の販売開始。また米子西店・米子北店・津山店ではインスタグラムを始めて秋の味覚を展開中。ぜひ一度覗いてみてください。全国的には神無月でも当地は神在月。「苦しい時の○頼み」で良い月となる事を願っています。

お知らせ

心機一転・秋漁開始

9月となりました。紅ズワイガニ・底引き船団出港です。世界的には学校年度・会計年度の始まりは4月ではなく9月が多いとか。 水産もその意味ではグローバル基準かも知れません。依然コロナ禍にあって委縮状態にはありますが今秋は時季遅れのアジとサバが漁獲されそうな感じ。近年幻であったサンマも少し顔を見せています。今月からカニ・底物も加わって多種多様な魚種を提供できると思います。

お知らせ

極暑の8月

例年と異なり今年が異常に暑いのか?年のせいで暑さが応えるのか?良く分かりませんがともかく暑い。「緊急事態宣言」もまた発動され、オリンピックを横目に「出るな、動くな、騒ぐな」要請。海も夏枯れ状態ではありますが「鰻」に加え「岩ガキ」「サザエ」「白イカ」とバーベキュー商品は豊富です。身内でささやかな「夏の思い出」作りはいかがでしょう。

最新情報一覧

企業情報

島谷水産は、栄枯盛衰を繰り返すこの水産業界において、境港水揚げされる魚介類の加工・出荷までの工程を「川上から川下まで」一貫して担い、また「鮮魚から加工製品まで」流通、販売することを心がけ、全国の中央市場への鮮魚出荷。百貨店、量販店、外食産業への鮮魚産直業務。地元、山陰地域でのテナント鮮魚店舗展開。

企業情報を詳しく見る