一船買い産地加工だから可能になる
スピード配送

島谷水産は、鮮魚はもちろん業務用加工品さえも、新鮮さを保ったままでお客様のもとへお届けするということを第一義として取り組んでいます。
一船買い産地加工というプロセスがそれを可能にします。
「新鮮さを失ったらすべてを失う」というポリシーが、島谷を支えています。

島谷水産 店舗情報

店舗販売について詳しく

取扱い商品

島谷水産がお届けするのは、鮮魚業務用加工品です。境港の漁港に水揚げされた魚を、一船買いで買い付けて、それを漁港近くの自社セレクター工場で選別。加工までの作業を一気に進める体制を整えています。本当の新鮮さをお届けできる秘訣はここにあります。

幅広い販売窓口

島谷水産がお取引しているお客様は様々です。大手スーパーや外食チェーンから、一般飲食店や小売店といった小口のお取引まで幅広く対応させていただいております。もちろん、地元の鳥取近県の小売店舗での鮮魚の店頭販売も大人気です。

幅広い販売窓口について

今月境港で水揚げされる魚

隠岐島周辺をはじめとして、広い大陸棚に恵まれた近海には豊富な魚種が集まることから、境港の漁法は長い時間をかけ発達してきました。一年中を通して多品種、大量の水揚げを誇る境港の漁獲量は常に全国五指に入っており、魚種の多様さでは境港と長崎が双璧とまで言われています。また、意外と知られていませんが、境港は過去に数回、生マグロの漁獲量で日本一になっています。この豊富な魚種を、新鮮なまま皆様のお手元にお届けしてまいります。

  • イサキ イサキ
  • レンコダイ レンコダイ
  • トビウオ トビウオ
  • ヒラメ ヒラメ

6月に境港で水揚げされる魚

少し魚種は減ってきますが、マアジ、スズキ、イサキ、トビウオが旬となり美味しい季節です。

境港で採れる魚について

水産基地境港

境港は、単なる漁港ではなく、日本海側の水産物を全て集約する「水産基地」です。
漁港として栄えた境港は、戦後飛躍的に発展しました。しかし、その発展の過程には他の漁港には見られない独自性があります。
一船買いや即日出荷の体制を整え、仲買がその大きな役割を果たしている「水産基地」としての境港のノウハウは、すべてその歴史の中で培われてきました。

水産基地境港について

最新情報

お知らせ

マグロ初水揚げから連続一週間で一服

先回のお知らせを流した後、突然6月12日から一週間連続でマグロの水揚げが続いています。境港で既に500t越え、佐渡の定置物、三陸方面でもマグロが漁獲されて、市場は満腹状態。資源保護の観点から総漁獲量を制限される中での操業ですので取敢えず小休止して水曜日から再開です。今年の漁期は早く終了しそう。是非早めのご賞味をお勧めします。

お知らせ

夏の風物詩

北は佐渡島沖・東は若狭湾にかけ巻き網9船団が鋭意マグロ探索中ですが未だ境港の「夏の風物詩」マグロ水揚げはお預けです。 ここ数年6月の頭には初水揚げがあり今年は遅いとも感じますが過去10年間さかのぼってデーターを見ると6月10日過ぎが一番多い。朝晩がこれだけ肌寒ければやはり来週後半ぐらいと予想されます。先月のアニサキス風評で業界は沈滞ムード。これを打破する「夏の風物詩」が待たれます。

お知らせ

マグロ準備万端

今年は日々の温度差が激しくて季節感が希薄。しかしながら6月になり今年もマグロのシーズンとなりました。 日本海側は9船団が出航、既に鋭意探索中です。昨年に比べ若干遅れ気味ですが今週末ぐらいには朗報があると思われます。

最新情報一覧

企業情報

島谷水産は、栄枯盛衰を繰り返すこの水産業界において、境港水揚げされる魚介類の加工・出荷までの工程を「川上から川下まで」一貫して担い、また「鮮魚から加工製品まで」流通、販売することを心がけ、全国の中央市場への鮮魚出荷。百貨店、量販店、外食産業への鮮魚産直業務。地元、山陰地域でのテナント鮮魚店舗展開。

企業情報を詳しく見る