企業情報

鮮度を落とさず魚を届けるという仕事。

島谷水産は、1951年に境港市場が開場して以来、境港を代表する水産物卸業者、水産物加工業者として、全国の中央市場、量販店への鮮魚供給、生活協同組合等への水産加工物の提供を続けてまいりました。さらに、山陰地域において7カ所の鮮魚販売テナント店舗を展開し、境港に水揚げされる水産物を広く消費者へお届けしています。昭和62年にセレクター工場を新設し、船から直行で選別、加工、冷凍までを短時間に一気通貫で行える体制を整えたことで、新鮮さをキープしたまま全国に配送することを可能にいたしました。こうした、一船買い・産地加工という境港の特性を生かした鮮魚、一次加工品の数々は、各方面から高いご評価をいただいております。

企業理念

西日本有数にして、日本海側最大の水揚げを誇る水産基地、境港。夏には本マグロ、冬には松葉ガニを始めとして、豊富で多種多様な水産物が水揚げされます。

詳しく見る >

事業内容

鮮魚はもちろん業務用加工品さえも、新鮮さを保ったままでお客様のもとへお届けするということを第一義として取り組んでいます。「新鮮さを失ったらすべてを失う」というポリシーが、島谷を支えています。

詳しく見る >

会社概要

弊社は、栄枯盛衰を繰り返すこの水産業界において、境港に水揚げされる鮮魚魚介類を「川上から川下まで」また「鮮魚から加工製品まで」流通、販売することを心がけ、全国の中央市場への鮮魚出荷。

詳しく見る >

地域活性化への参画

平成18年には、中国上海での鳥取県物産品試験販売会に参加いたしました。鳥取の地産品を海外に積極的にPRし、市場の拡大を図る取り組みには、今後も積極的に参画してまいります。

詳しく見る >

トップページ > 企業情報