企業理念

川上から川下まで

西日本有数にして、日本海側最大の水揚げを誇る水産基地、境港。夏には本マグロ、冬には松葉ガニを始めとして、豊富で多種多様な水産物が水揚げされます。そもそも水産業というのは、自然の生態系の営みに依存するという性格をもつ業界です。しかしながら、それだけに、人との結びつきを強く感じ、その温かさを思い知らされる業界でもあります。

弊社は、栄枯盛衰を繰り返すこの水産業界において、境港に水揚げされる魚介類の加工・出荷までの工程を「川上から川下まで」一貫して担い、また「鮮魚から加工製品まで」幅広く流通、販売することを心がけてきました。全国の中央市場への鮮魚の出荷はもとより、百貨店、量販店、外食産業への鮮魚の産直業務、ならびに地元山陰地域でのテナント鮮魚店舗の展開、生活協同組合や外食産業への水産加工品の製造販売等々、着実に事業を拡大してまいりました。境港に市場が開場して以来60余年にわたり、地元に根付いた水産物仲卸業者、水産物加工業者として今日に至っています。

その中で弊社は、一貫して鮮魚と加工品の鮮度にこだわって業務を推進してきました。ベースにあるポリシーは「新鮮さを失ったらすべてを失う」という、生鮮食品を扱う事業者にとってはあたり前の思いです。しかし、そのあたり前のことを常に見失わずに、毎日その理念を全うしながら仕事をこなすことが、お客様が当社に対してお持ちいただく信頼感の源泉になるものと考えています。そして、社員ひとりひとりが熱意を持ち、すべてのお客様に対して付加価値をご提供していくことこそ、将来に向けて企業が成長していくために何よりの糧になるものと信じています。

これから弊社は、現在に至るまで自然の恩恵を与え続けてくれた境港に、さらに数々のご協力を頂いた多くの皆様に報いていかなければなりません。境港開設当時の先達の体に流れていた熱い思いを引継ぎ、日本国内のみならず、中国、韓国を始めとする対岸諸国においても「水産基地 境港」の名を刻むことの一翼を担うことができればと念じながら、今後も社業の発展に努めて参ります。

代表取締役 島谷 憲司

トップページ > 企業情報 > 企業理念