鮮魚

島谷水産 出荷プロセス

一船買いとスピード出荷のプロセス

食の安心・安全が叫ばれている昨今、消費者は、安価な値段だけではない、商品の確かさを求めるようになってきました。商品の鮮度を保ったまま消費者に届けることの重要性が改めて認識されています。

島谷の原則は、水揚げされた魚を即日出荷することです。新鮮さを担保するためには、とにかく流通段階に時間をかけないということが何よりも重要になります。 このスピーディな出荷プロセスは、境港独自の発展の中で確立されました。

境港の眼前の日本海には広い大陸棚が広がり、隠岐島を中心とした良質な漁場が形成されています。そのため魚種は非常に豊富で、全国から集まった船により多種多様な魚が水揚げされます。加えて、北側が島根半島に守られるような形になった恵まれた地形により、常に全国五指の漁獲量を誇る港として発展してきました。また、他県の船でも受け入れる柔軟でフラットな市場というのが、境港の大きな特徴のひとつでもあります。

境港は、旧来型の網元制度がなかったという歴史を背景に、日本でも一二を争う魚種豊富な港に発展し、その中で、仲買が「一船買い」により買い切るという慣習も根付いてきました。こうして、多種多様な魚が水揚げされる境港には、全国の流通小売店舗からの様々な要望を吸収すると同時に、国産の魚だけで安定した供給を行えるという体制が確立されたのです。

島谷水産 魚に「スピード」を与える流通

魚に「スピード」を与える流通

境港の市場はセレクター(選別機)を保有していません。一般的には、魚を選別するところまでが市場の仕事の一部になっていますが、境港ではそれは仲買の仕事です。一船買いで買い付けてきた魚を、即座に港に設営されたセレクター工場で選別し、原則的にその日のうちに出荷を済ませることで、魚に「スピード」を与える流通の仕組みを構築してきました。

境港はマグロの水揚げ量でも日本一ですが、一日に最大3,000本のマグロのワタ抜きを行い、即日全国に発送できる処理施設を持っているのは、境港を置いて他にありません。

疑いの差し挟みようがないこうした出荷プロセスが、魚の新鮮さをキープしたまま消費者まで届けることが出来る最大の源泉であり、境港の仲買の誇りでもあります。「鮮魚と言えば境港」と言われるまでになったのは、境港が歴史の中で培ってきたノウハウがベースになっているのです。

境港で採れる魚

境港で取れる魚を見る

トップページ > 取り扱い商品 > 鮮魚