最新情報

お知らせ

マグロ初水揚げ

いよいよ境港夏の風物詩・天然本マグロの登場です。新潟沖で捕獲した30k物のマグロが昨日から約3000本の水揚げ。資源保護の観点から今年は漁獲量が法律的に規制され、6月で規制枠に達するかもしれず、短期決戦となります。
境港マグロは程よい脂で梅雨で変調気味の体にちょうど良い。是非ご賞味下さい。

お知らせ

6月 マグロシーズン

6月はマグロ。例年通り9船団が順次出港していきます。陸上は季節を間違えるほど急に熱くなったっり、肌寒くなったりですが海水温は未だ低温で推移。20度を越えてこないとマグロの魚群が形成されないみたいです。初夏の旬の魚であるイサキも脂がのってふっくらとしてきました。飛び魚もやっとまとまった漁が見えてきました。マグロも近日中には初水揚げとなる予定です。

お知らせ

サバ豊漁の光と影

本来は季節とともにサバからイワシ・アジ中心の水揚げに代わっていくはずが、年末よりサバの豊漁が続き、5月前半はサバの漁獲量を制限せざるを得なくなりました。これほど魚種交代のない年も珍しい。獲れる魚を獲るのが基本なのですが次世代への資源の継承も重要。現在、浜田沖以西にはアジの魚群、石川能登の定置にはイワシの大漁、早晩この魚種に代わるはず、それまで船も連休です。

お知らせ

春の魚種交代

4月になって、三寒四温の時期も過ぎ早めの満開桜も見納めと思ったら急に冬に逆戻り。日々早朝の海岸に何を着ていけば良いのか迷います。魚の方もアジ、サバ、イワシが主役を争って日替わりメニュー状態。近海物はホタルイカが我が世の春。春本番となれば魚種も増えていきます。
世間は新年度、新入社員、水産業界は主役となる魚の交代で季節が過ぎていきます。

お知らせ

不漁・豊漁はあざなえる縄の如し

春弥生の3月。今年は一週間豊漁で荷動きが留まると思えば次の一週間は大時化で品不足のパターンの繰り返し。でもこの数日、大敷網に「魚偏」に「春」と書く鰆(サワラ・サゴシ)が大漁。徐々に海上も落ち着いて巻き網物はサバからアジ、近海物はカニからモサエビ・ハタハタに旬が移ってきます。

トップページ > 最新情報