最新情報

お知らせ

松葉ガニシーズン到来

11月となりました。本来は秋と冬の境目の季節ですが、異常な天候が続き季節の魚も出番に迷っている感じです。
「冬の味覚松葉ガニ」の初水揚げは7日。激減といわれた「秋サンマ」もようやく市場に並び始め「ブリ、ハマチ」も脂が乗り始めました。海が凪ぎになれば「秋サバ」「寒イワシ」「何故か遅れた梅雨真アジ」も同時に漁獲されそうです。漁が遅れた分これからは一斉に賑やかになると思います。

お知らせ

秋の水揚げ開始

最近は四季ではなく夏の次は冬。天高くの季節なのに未だに熱中症対策が必要と言う天候。境港今期前半の水揚げも不順で昨年の3割ダウン。近年まれに見る不続きでしたが10月になって久々に1000tを越える水揚げとなりました。これからが本番です。
ハマチもブリも丸みを帯びて徐々に脂がのってきました。蒸し暑さが残る日には刺身、肌寒さが感じられる日にはしゃぶしゃぶでいかがでしょう。

お知らせ

秋漁開始

境港本年度の総水揚げ量は昨年の2割減。特に6月、7月、8月の夏枯れ状態は例年になく厳しい状態。
しかしながら、本日より紅ズワイガニの11船団境港出港。底引き網船団も出漁です。
本当に久しぶりに巻き網船団にもサバの水揚げも見えてきました。
天候に問題なければ9月より魚種も豊富になってきます。秋漁からこれまでの分も巻き返しです。

お知らせ

極暑の8月です

残念ながら境港も「夏枯れ」に突入。気合を入れ直さなければ外に出れない程の極暑が続きます。来年の今頃は東京オリンピック開催中とか、極暑の中、参加選手は大丈夫だろうかと想像する前に、まずは自分自身がこの夏を無事に乗り切れるかが問題です。喉越しの良い「そうめん」は良いけれどそれだけでは体が持たない。イカ中心のお刺身盛り合わせと鯛・サワラ等をさっと湯通してわさびをきかせたお茶漬けはいかがでしょう。

お知らせ

7月と言えば

7月と言えばうなぎです。何故うなぎかと言えば暑い盛りで食欲もわかない時期にうなぎを食べて滋養強壮を図るため。加えて
「夏枯れ」で海の魚が不足する時期でもありうなぎぐらいしか商材にならないと言う事情もあるようです。
でも今年は先日梅雨入りしたばかり、季節が遅れているのか境港天然本マグロもまだしばらく漁獲があり、イカ類もイサキ類もこれから。売り場の品揃えは「夏盛り」が続ます。

トップページ > 最新情報