境港の歴史

境港の恵まれた地形

境港は、鳥取県の西端、日本海に面した場所に位置しており、その北の対岸には島根半島がまるで天然の防波堤のように横たわっています。この恵まれた地形が、港を中心とした境港の発展に大きな影響を与えました。近海の大陸棚は非常に広大で、主要な漁場のひとつである隠岐島周辺には大変良好な漁場が形成されており、魚種が非常に多いことで知られています。これが、境港の漁法を大きく発達させ、国内五指に入る高い漁獲量を長年に渡って保ち続けながら、全国に豊富な鮮魚を送り出すシステムを構築できた理由ともなっています。魚種の豊富さでは境港と長崎港が双璧と言われています。

境港の発展

境港の発展

境港は、江戸時代から諸藩との貿易のための舟が往来し、明治以後も日本海航路の要衝として賑わいを見せていました。明治29年には貿易港にも指定され、朝鮮半島との貿易の窓口として発展してきました。昭和26年には国の重要港湾に指定され、港にはこの年にようやく市場が開設されました。漁港としての歴史としては決して長いとは言えませんが、折しもサバとアジが大量に押し寄せたことがきっかけとなり、当時食糧難にあった日本の政府は、国策として境港の発展を後押しします。

また、境港には旧来型の網元制度がなかったことから、全国から仲買が集中して集まるという状況が加速し、境港の水産業は、自由競争のもとで大きく発展することになります。過去には、100社以上の仲買、加工業者がひしめき合っていました。今は、80社程度に落ち着いていますが、この自由競争による市場の発達は、境港の水産業の独自性を形作ることとなります。

島谷水産の産地加工のノウハウも、この境港の歴史の中で培われたものに他なりません。

近年の境港

昭和48年には特定第3種漁港に指定されます。特定第3種漁港は、全国の約3千の漁港のうち13港のみが指定を受けているもので、日本国内でも有数の水産拠点として認められたと言えます。主にアジ・イワシ・さば・紅ズワイガニ・スルメイカなどが水揚げされており、昭和61年から平成6年までの9年間はイワシの増加によって連続50万トン以上の水揚げ、平成4年からは5年連続で日本一の水揚げを達成しています。

近年では、漫画家・水木しげるの出生地としても知られ、境港の顔ともなった「水木しげるロード」や「水木しげる記念館」には、全国から多くの観光客が訪れるようになりました。

境港の発展

トップページ > 水産基地 境港 > 境港の歴史