水産基地 境港

境港は、単なる漁港ではなく、日本海側の水産物を全て集約する「水産基地」です。
漁港として栄えた境港は、戦後飛躍的に発展しました。しかし、その発展の過程には他の漁港には見られない独自性があります。
一船買いや即日出荷の体制を整え、仲買がその大きな役割を果たしている「水産基地」としての境港のノウハウは、すべてその歴史の中で培われてきました。

境港地図

境港の歴史

境港は、鳥取県の西端、日本海に面した場所に位置しており、その北の対岸には島根半島がまるで天然の防波堤のように横たわっています。この恵まれた地形が、港を中心とした境港の発展に大きな影響を与えました。

詳しく見る

境港の水産業

現代の日本人の食生活の中で、刺身や寿司など、鮮魚はとても大きな存在を占めます。境港の漁法はまき網漁が中心ですが、良質で豊富な種類の鮮魚が大量に水揚げされ、安価かつ安定して供給することが可能なことから、日本国内でも屈指のレベルで水産業が発展してきました。

詳しく見る

境港で獲れる魚

隠岐島周辺をはじめとして、広い大陸棚に恵まれた近海には豊富な魚種が集まることから、境港の漁法は長い時間をかけ発達してきました。一年中を通して多種多様な魚が水揚げされる境港の漁獲量は、国内第5位を誇り、魚種の多様さでは境港と長崎が双璧と言われています。

詳しく見る

トップページ > 水産基地 境港