境港の水産業

新鮮さを届ける

現代の日本人の食生活の中で、刺身や寿司など、鮮魚はとても大きな存在を占めます。境港の漁業は、巻き網漁、カニかご漁、底引き漁、定置網漁などなど、様々な漁法で成り立っています。その結果として、良質で多種多様な魚介類が、常に一定以上の量を保って大量に水揚げされ、安価かつ安定して供給することが可能になりました。これにより、日本国内でも屈指の多様性を誇る水産業として発展してきました。そして、こうして水揚げされた魚介類を、純粋な現地加工によって、新鮮さを保ったまま消費者の元へ届けようとしているのが、境港の水産業者たちです。

水産基地と呼ばれる所以

境港では、産地加工を早くから実現してきました。

漁港としての歴史が浅い境港は、旧来型の網元制度も持っていなかったことから、他県の船でも入ってきた順番に受け入れるという、国内でもめずらしい自由な気風が根付くこととなりました。境港の仲買の基本は「一船買い」です。水揚げされた魚は全部買い取る、トン数制限も無いという独自の買付け方法が、境港という漁港の独自色を作り上げ、他県からも多くの船が入ってくるようになりました。

こうして集まってくる大量かつ多彩多様で良質な魚を、産地でダイレクトに加工して即座に出荷する。あるいはモノによってはワンフローズン食材として出荷し、鮮度を保ったまま消費者まで届けるというのが、境港の水産業の最大の特徴です。その役割を果たすのが仲買たちの自社工場です。

境港が「水産基地」と呼ばれるのは、このように産地で加工までの工程を全てワンストップで完了することが出来る体制を確立しているためです。今でこそ、漁獲量は昔の比ではありませんが、その分、鮮度と付加価値を何十倍にもする努力を地道に重ねてきました。

境港の発展
境港の発展

境港の役割

前述したように、境港の漁法は日本でも有数の多様性を誇っています。その中でも大きな位置を占めるのが「巻き網漁」です。

巻き網漁とは一般的に、それぞれの船が複数の役割を持った船団によって行われる漁法です。魚群を探した後に、強い投光によって魚を集め、網を投げ入れて大量の魚を捕獲します。光で集めることから、夜間もしくは早朝の操業が中心となります。

主に、アジ、サバ、イワシ、カツオ、マグロなど大群で回遊する多獲性魚が対象となりますが、資源保護の観点から、都道府県ごとに漁獲量が制限されており、操業日数の調整などにより適正な管理が行われています。巻き網漁は、効率的に多獲性魚が捕獲できるうえ、国内での水産物の安定供給を維持するうえで欠かせない漁法となっています。

こうして水揚げされた魚を、短時間で消費者の手元までお届けするのが、「水産基地」である境港の役割なのです。

トップページ > 水産基地 境港 > 境港の水産業